2022年4月からの注意点

ハラスメント対策の義務化

2022年4月から中小企業でもハラスメント対策が義務化されます。

https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000855268.pdf

ハラスメントはダメ、というのは皆さん頭では理解されていると思います。

ただし、「今回法律で義務になったから、違反しないように対応する」というのはちょっと違うと思うんです。

もちろん、今回義務化されたことは対応しないといけないんですけど、できればもっと前向きに取り組んでいただけたらと思います。

パワハラは、された方もした方も後味悪いですし、周りの従業員の士気を下げることにも繋がります。

なので、パワハラ対策というよりは、みんなが働きやすい職場(甘やかすわけではないです)をつくるために!という意識で頑張っていただきたいと思います。

育児介護休業法改正

男性が育児休業を取得しやすいようにということで、育児介護休業法も2022年4月1日から段階的に施行されます。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000130583.html

段階的、なので少しずつ取り組んでも良いのですが、

①男性が育休を取得してしばらく現場から離れても仕事が回る組織作り

②男性が育休取得しても大丈夫なんだ、という意識改革

この二点は早めに取り組んでいくことが必要だと思います。

経営者からすれば「面倒だな~」という気持ちもあるかもしれませんが、こういうことをきっちりと実施して、働きやすい職場だとアピール出来れば、人材確保にも役立ちますし、社員のモチベーションにも良い影響を与えるはずです。

新しい法律が出来たり、法改正があるたびに経営者の皆様には負担に感じるところが多くあるかと思います。でも殆どの法律の目的は良い目的なんです(たまに???なものもありますが)。

なので、「より良い職場を作るために」と前向きに取り組んでいきましょう