45歳定年制?

45歳定年制という言葉が世間を騒がして少し経ちます。

45歳定年って可能なの?

60歳未満に定年を設定することは禁止されているため(というか最近は70歳まで働けるようにという国の方針なので)45歳を定年にするのは無理です。なので、すぐに静かになるかと思っていたら意外とポツポツと新たな記事を見かけるので、ブログに書いてみようと思います。ちょっと乗り遅れてますが。

世間的には、経営者が「コスパが悪くなった人材を辞めさせたいだけ」とか、今でも早期退職者募集をしている企業が多いので「実質的には実現してるじゃないか」とか、いろいろな声があるようです。

解雇は難しい

経営者の立場で考えてみると、45歳の時点でパフォーマンスが悪い社員は

「うちの会社にしがみつかずに他の道を探してくれよ~」

「自分が貢献できる仕事を見つけてくれよ~

という気持ちになるかもしれません。

でも、だからといって解雇できるわけではありません。

ご存じの通り日本は解雇に関する規制が厳しいんです。

そういう点で、もう少しこの規制を緩やかにした方がいいんじゃないの?という議論は以前からされています。これはメリットもデメリットもあって、解雇規制をいじくれば済む話ではなく、社会保障やリカレント教育や新卒採用の問題など社会全体としてのデザインが必要になる話なので、簡単ではないと個人的には思っています。

ちなみに個人の意見としては(ちゃんと環境の整備が出来れば)解雇規制の緩和には賛成です。

ちょっと脱線しました。

45歳定年という言葉が独り歩きしてるところがありますが、まだまだ体が動くうちに、働けるうちに、今後の人生を考えるということ自体は全く悪いことではないと思います。定年にしたり解雇したりするのはダメですけどね。

将来のことを考えよう

正直、45歳から新しい道に進むというのは普通の神経をしていたらかなり勇気がいります。

なので、出来れば45歳じゃなくて40歳くらいを目途に

「今の会社で頑張るか」「別の道に進むか」など今後の方向性を考えるのは良いことだと思います。

30代になると、20歳前後で就職して10数年経ち、いろんな仕事を経験し、人によってはマネジメントの経験などを積んでいるかもしれません。

そこで、今までにどんな能力を身に付け、どんな実績を上げてきたかといった自分の能力や会社の将来性なども含めて、「これからどうしていくか」ということを、40歳くらいを一つの区切りとして30代半ば頃から考えるのは、どのような選択をするにしても非常に有意義なことだと思います。

ということで、会社としては安易に早期退職者を募集したり退職勧奨をするよりも、そのような機会を与えると良いのではないかと考えます。

内部でそういう面談の機会を作るのも良いですし、外部のキャリアコンサルタントに依頼してそのような面談の機会を作ることも良いでしょう。

ということで、実は私キャリアコンサルタントの資格も持っておりまして

そのようなご要望があればきっとお役に立てますので、興味のある方はお気軽にご連絡ください!

(と、最後の一文の宣伝するために「45歳定年制」について書いてみました。すみません。)