社労士診断認証制度で採用のイメージアップ

2020年4月から社労士診断認証制度が始まりました。
この認証を受けると認証マークを名刺やHPで使えるようになります。
2020年末時点ではまだ行っている企業は少ないようですが。

この制度、ざっくり言えば会計監査の労務分野版とか労務分野の外部評価といったイメージです。

社労士認証制度を実施すると、いろいろと良いことはあると思いますが、その中でも、一番分かりやすいのは採用面で「働きやすい職場ですよ」「ブラックな会社じゃないよ、ホワイトだよ」とアピールできる点だと思います。

私は、就活を行う世代の若者と接することが多くあるのですが、就職先の選択基準に働きやすい職場であることを重視する若者はかなり多い印象があります。

「自分の目標を叶えるためには、どれだけ厳しくても頑張る」という若者もいますが少数派です。少なくとも就活時点では。

「働きやすさ」といっても、就職希望者はその会社で実際働いた経験があるわけではないので明確な指標があるわけではありません。「人間関係が良さそう」とか「社員の雰囲気が良い感じ」とか抽象的なもので判断せざるを得ません。

そこで会社側としては、働きやすい職場であることをアピールするために、ただ「うちの会社は働きやすいですよ」と伝えるよりも「こういう認証を取得して、会社として適正な労務管理に努めているので、うちは働きやすい職場だと思いますよ」とアピールしたほうが、就職希望者への訴求力は高くなるのではないでしょうか。

実際には、働いてみての相性や仕事の適性もあるので、就職希望者にとって絶対に働きやすい職場かどうかは分かりませんが、就職希望者にとっても安心材料の一つにはなると思います。

その他にも実際に働いている社員の方々の労働環境の改善や生産性の向上にも貢献できる制度なのではないかと思います。

社員の採用で、もう一押し何かが欲しいと思われている方は一度検討してみてください。

制度について詳しくは、こちら

弊所でも採用支援の一環として対応可能です。